アラサーの婚活 >>  婚活講座  >> 婚活プロフィールの上手な書き方|お相手を惹きつける魅力的自己PR

婚活プロフィールの上手な書き方|お相手を惹きつける魅力的自己PR

婚活を始めるために、婚活サイトに登録してみたものの、また婚活パーティにも参加してみたものの、異性の反応がイマイチ薄かった・・・。
なんて経験、ありませんか?
それは、プロフィールが充実していなかったせいかもしれません。

プロフィールは、写真画像の次に閲覧される、いわば説明書的な存在。
説明書の情報量が少ないと、どういう人か分からないので、その時点で切り捨てられてしまうのです。
同じ方でも、プロフィールの出来不出来によって、異性からの反響の度合いはかなり違ってくることからも、その重要性が分かるでしょう。

そこで、元 ナンバーワンホステスで、現在は、夜の世界で培ったコミュニケーションテクニックを活かし"婚活カウンセラー"となった私 、安永美和(やすながみわ)が、
お相手を惹きつけるプロフィールづくりのコツを、レクチャーしますね。
プロフィールの作成に困っている方は、ぜひご参考ください。

ご縁が広がるプロフィールのコツ 男性編

男性は、プライドの生き物ですよね。
経歴や年収、貯金額など、実際より少し盛り気味にしたいお気持ちは、重々承知していますが、こと婚活に関して言うとそれはNG。
男性も女性も、人生の伴侶を求めているワケですから、どちらも、公正な情報が欲しいですよね。
それに、あとで真実が判明し、ガッカリさせたり、愛想を尽かれてしまっては、元も子もありませえん。

また、趣味の欄でも、女性へのアピールを忘れずに。
地味でありきたりな趣味でも、全然問題ないのですが、それでも、「映画鑑賞」とか「読書」、「旅行」などという、抽象的な書き方は、女性の心に全く響きません。
例えば、趣味が「映画鑑賞」や「読書」なら、どんなジャンルが好きか、どんな作品が印象に残ってるか、
「旅行」ならば、国内、国外なのか、今までどこに行ったことがあるか、今後どこに行きたいか、
といった、具体的なコメントを記すことで、それが会話のきっかけを広げられるのですね。

一般的に女性は、未来の展望のある男性に惹かれます。
現在の仕事にどのような目標を持っているかとか、新たに事業を起こす予定だとか、そういう具体的な野心がある男性は、まだ若いのにも関わらず、現状維持に腐心している男性より、ずっと魅力を感じるのです。
(ビッグマウスが過ぎるのは、さすがにドン引きされてしまいすが・・。(~_~;))
また、そういうことに、共感できる、理解がある女性となら、良いパートナーになれる確率も高まってきますよね。

男性は、お相手の条件を書くときに、年齢、体型、性格の好みを、あまりにも具体的なことを挙げてしまうことが、多く見られます。
特に、女性にあまり慣れていない方ほど、かなり年下を希望、スリムだがバストが大きめなボディ、家事が得意でなければ却下・・・なんていう、ワガママが出てしまうようですね。(~_~;)
しかし、あまりにも具体的すぎたり、ハードルが高すぎる希望だと、それだけ女性から関心が持たれなくなり、出会いのチャンスを逃すことになってしまいます。

婚活においては、『お相手に求める条件=自分の理想』ではありません。
また、『理想の相手=最も相性の良いお相手』とも限らないのです。

「こうだったらいいな」と思いながら記入するから、ついつい希望条件が自分の理想像になってしまうということもありますので、「この範囲ならイヤじゃない」という、どこまで譲れるかのボーダー作りをしてみましょう。
案外、顔や体型、料理の腕なんて、そこまで重要なことではなかったなんてことも、見つかってくるハズです。
それだけで、今までマッチングしなかったお相手との出会いも、格段に増えますよ。

ご縁が広がるプロフィールのコツ 女性編

男性編でも述べましたが、女性にもお相手の希望条件に、理想を書いてしまいがち。
女性の場合、相手の外見よりも、職業や年収が気になりますが、それを「医師か弁護士でないとイヤ」とか、「年収500万以上は絶対!」などといった、強いこだわりを持っている方をお見受けすることがあります。

なぜ、医師や弁護士でないとダメなのか?を、冷静に突き詰めてみると、その根拠はというと、単に「ステイタスが高いイメージ」「収入が高そうなイメージ」とかいった、しっかりしたものでなかたったりします。
現在は、職業の多様化が進み、数えきれないほどの職業・仕事があり、特定の職業が社会のヒエラルキーの上部を占めるということもなくなっています。
職業で、男性をふるいにかけるのは、ナンセンスですよね?

また、年収も数字だけで判断するのも。ちょっと待って!
婚活中は、たくさんの男性のプロフィールに目を通すので、年収の高低で振り分けてしまいがちです。
しかし、一概に『年収が高い=余裕のある生活が送れる』とは言えません。

経費として正式に扱われないが、仕事に関係する出費が多いとか、お付き合いや接待をしなければならない立場だった場合、時間的にも経済的に家庭に注げる度合いが低くなってしまいます。
「年収500万円だが、仕事のお付き合い等で、平日も休日も家を空けているタイプ」か、
「年収350万円だけど、家事や育児を積極的に分担するタイプ」の、
どちらかを選ばなければならないとしたら、後者を選ぶ女性も少なくないでしょう。
自分は、一帯どんなタイプのお相手を求めているのかを、ある程度具体的にすることで、複数の候補者の間で迷いすぎて、結局決められなかったなんていう、もったいないことが減るハズですよ。

結婚に対して、男性は女性ほど具体的で現実味を帯びた考えを持っていないことが、多いと感じます。
仕事量や収入がイーブンになりつつあるといっても、やはり結婚によって環境が大きく変わるのは、いまだ女性の方が圧倒数ですし、男性より女性の方が想像力は豊かゆえに、この男性と結婚したら、どんな家庭を持てるか、なんていうイメージもリアルに浮かんできます。
逆に、男性はどちらかというと迎え入れるスタンスをとっていて、結婚相手によって今すぐ人生が翻弄されてしまうとは、思ってもいません。
そのため、結婚に対するビジョンが曖昧になりやすい、ということです。

そこで、お相手には、具多的に楽しい結婚生活をイメージさせるものを、アピールしましょう。
分かりやすいもので言えば、「料理が得意」とか、「子供が好き」というようなことですが、それだけでなくとも、
「笑い上戸で楽しい話が大好き」とか「コツコツ何かを成し遂げるのが好き」
というようなことでも、男性は、その女性との結婚生活に、かなりポジティブなイメージを持つと思います。

上昇志向が高いタイプが陥りがちなのは、"女子力"の磨きすぎです。
過剰な女磨きは、男性にとっては近寄りがたいものになり、逆にご縁を遠ざけてしまうことが!
婚活をしているのに、習い事やセミナー、エステの予約で、せっかくのデートのお誘いを断ってしまうなんてことは、本末転倒ですよね。(^-^;

男性も女性も、どちらもプロフィールは、自分視点ではなくお相手視点で書くことで、お相手からの印象がグッとアップします。
これらのテクニックで、存分にご縁の幅を広げていってくださいね♪

オススメの婚活サービス

e-omiaiは、結婚情報センター「ノッツェ」が運営するお見合い相手を無料で検索できるサービスです。メール交際を申し込んでOKをもらった場合のみ、男性からの申込なら男性だけが3000円、女性からの申込なら女性だけが2000円支払うというシステムなので、自分から申し込みをしなければ無料で使用可能です。
おとコンは、「パートナーエージェント」が運営するおとなの婚活パーティーです。参加しやすい価格での婚活パーティーを全国各地で開催しています。

婚活講座

関連エントリー

婚活疲れ・婚活地獄からの脱出法
婚活で結婚できる女性・できない女性の4つの違い
婚活バーってどんなところ?上手な婚活バーの使い方
婚活中の女性によくある悩み5選
婚活プロフィールの上手な書き方|お相手を惹きつける魅力的自己PR
バツイチ子持ち女性の婚活  成功のための4つの心構え
友達がみんな結婚してしまったら... 急展開で結婚を近づける方法
人に知られないで婚活するには?
多忙な人の婚活  仕事が忙しくても婚活して結婚する方法
「出会いがない」が口癖のあなたへ! 出会いを作る7つのコツ
あなたの性格に合った婚活サービスタイプの選び方
自衛官と結婚するには? 自衛隊員の魅力も徹底調査
いま容姿に自信がなくても大丈夫!女性の恋愛力アップ講座
婚活パーティーやお見合いで男性と上手に話す4つのコツ(女性向け)
婚活パーティーやお見合いで 女性と上手に話す6つのコツ(男性向け)
悪質な婚活サイトの見抜き方!
女子力UP講座~香り編~
幸せを呼ぶ笑顔トレーニング
婚活で重要なのは就活と同じく自己分析
婚活アラサーズ メンバー紹介
婚活 華子
(こんかつ はなこ)

結婚相手を選ぶうえで一番重視するポイントは価値観が合うこと。 趣味のランニングを一緒に楽しめる健康で優しい男性が理想。

玉野 輿恵
(たまの こしえ)

海外旅行をしてブランドものを買いあさることが 大好き。医師、弁護士、IT社長等との結婚を目指している。

安 定美
(やす さだみ)

結婚相手の男性に求めるのはズバリ安定! 公務員との結婚を夢見るアラサー女子。

婚活中のアラサー(20代後半~30代前半)女子グループ、婚活アラサーズが運営しております。

オススメネット婚活サイト
オススメ婚活パーティーBEST3
カテゴリーメニュー
記事総数: 121