アラサーの婚活 >>  エキサイト婚活  >> エキサイト婚活で3人の男性と会いました

エキサイト婚活で3人の男性と会いました

 

私がエキサイト婚活に入会したきっかけ

  • 住み慣れた東京から地方都市転勤になったこと。
  • 年齢が30歳になったこと。

当時付き合っていた恋人とは結婚を考えることはできませんでした。
転勤によって初めて住む地方都市では友人も知り合いもいなかったので、合コンや紹介を頼むこともできず、自分で探し出さなければなりませんでした。

会社内の男性は既婚者ばかりで、社内で出会いを期待することはできませんでした。
そこで、自分でできる婚活方法を探してこの「エキサイト婚活」にたどり着きました。

ネット婚活は最初すごく抵抗がありました。
「出会い系サイト」という印象が強かったからです。
しかし、知り合いの女性にネットで知り合った男性と結婚した方がいて、その女性からメリットを聞いたことで、いくらか不安も解消でき、ネット婚活を試してみようと思いました。

登録,申込から実際の利用までの流れ

ホームページからプロフィール入力作業のほかに、写真を公開する場合の写真データの用意、本人確認書類の用意が必要です。
本人確認書類の提出方法は、郵送・FAX・Eメールから選べます。

「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」「住民基本台帳カード(女性のみ)」「外国人登録証/在留カード(日本在住の外国人の方のみ)」のいずれかをエキサイトに提出すると提出書類の審査が行われます。

審査終了までには約3日間かかります。
本人確認を終えたあとは基本会員としてプロフィール公開、ハートメール送信ができるようになります。

>>エキサイト婚活(全額返金保証付き)

実際に利用した体験談

合計で3名の男性と会いました。
しかし、どなたとも交際には至りませんでした。

●1人目の方は1度だけ会って、カジュアルなイタリア料理店でランチをしました。
自営業で30代後半の未婚男性でした。
会う直前に携帯電話番号のみ交換して会いました。

3人お会いした中で、この方だけは会うこと自体が失敗でした。
会って話を聞いてみて分かったのですが、この方は熱心に活動するあまり、入会する女性のほぼ全員にすぐにメールを送る「数うち作戦」の実践者でした。

メール交換開始から2週間くらいして会ってみました。
メールの交換の時にも内容や表現で違和感を持ったことがあったのですが、実際会ってみると少し変わった感覚の男性でした。
ヨーロッパへの憧れがあって仕事でもヨーロッパの会社とのビジネスを希望されているということでしたが、欧米の人のことを「ウエスタン」と言ったり、海外に行ったことのない日本人はダメだとか言ったりする方でした。
本来であれば、メールの段階で私とは感覚が合わないことを察知すべきでしたが、この時は全くの不慣れで正しい判断ができませんでした。

他にも、この男性はランチの間中、彼ばかりが一方的に話していて、私の話はまったく聞いてくれませんでした。
私への質問もなく、ひたすらに自分の話だけをしていました。
食事にはいっさい手をつけずに1時間近く話し続けました。
このまま食事には手を付けないのかと思ってみていたら、1時間近く経ってからすっかり冷めた料理をゆっくり食べ始めて全部食べていました。

私はとっくに食事を終えていて、食後のお茶も飲み終えてしまっていましたが、彼は全く気にならないようで、マイペースに食事していました。
ランチの会計はきちんと割り勘でした。

2回目以降も会いたいと食事の最後に言われ、携帯電話のメールアドレスを何度も聞かれましたが、「今はちょっと...。あとで婚活サイト上からお送りしますね」と言って逃げました。

●2人目の方は1度だけ会って、ホテルのラウンジでお茶をしました。
30代後半の会社員の未婚男性で知的なメールで、メール交換の間はすごく好印象でした。

メール交換を1か月ほど続けて、会う直前に写真と電話番号を交換して会いました。
写真でみる姿も知的な感じの優しそうな男性という印象でした。
メールがマメで、ほぼ毎日メールが届くので、返信がたいへんでしたが、ネット婚活ではメールだけが相手との接点になるので、頑張って返信していました。

ホテルのラウンジを指定してくれて、そこでお茶をしました。
実際にお会いしてびっくりしたのが、この方がかなりの薄毛の方であったことです。
写真では薄毛とはまったく分かりませんでした。
かなりびっくりしました。

薄毛の男性であっても私はあまり気にしないのですが、写真ではまったく薄毛に見えませんでした。
良い写真を選ぶのは大事なことだと思いますが、現状の姿がきちんと分かる写真を選んでほしかったと思いました。

お話をすると、仕事熱心な男性であることがよく分かりました。
勤務している会社も実は友人と2人で立ち上げた会社で、事業がうまく行って今は会社も大きくなり、経済的にかなり恵まれた環境にあることを説明してくれました。
プロフィールには年収1千万円と書かれていましたが、実際は3000万円以上あるとのことでした。

正確な年収を書いてしまうと、経済力だけを求める女性からのメールが多くなってしまうので、過少記載しているということでした。
確かに、時計や衣類、バッグや靴など、すごく上質なものばかりを身に着けていました。
経済力だけでなく、自分自身のことをきちんと見てくれる女性を探しているということでした。
真剣に結婚相手を探していることもお話からよく伝わってきました。

会計はきちんと割り勘でした。
最初の男性の時もそうでしたが、会計の仕方がいつも難しかったです。
私は割り勘が希望だったのですが、まずは男性に支払ってもらってからあとで自分の分を渡したいと考えていましたが、割り勘作業をスムーズにできることが少なかったです。

2人目の男性もレジのところで「別会計でお願いします」とはっきり言われていました。
ささいなことですが、会計の仕方が「私の考えるスマートさ」とは違いました。

この方とも1回だけで、2回目以降はありませんでした。

●3人目の方は40代前半の男性でした。
この方とは3回ほどお会いしました。

この男性は私が条件外としていた結婚歴のある男性でした。
私はプロフィールで婚歴のある方は避けたいということをかなりはっきり書いていました。
それでもたくさんのバツイチさんからメールが来ました。
年齢も39歳までと明記していましたが、50代の男性からもメールが来たので、男性はとりあえずメールを送る人が多いのもしれません。

この男性は会社経営をしている男性で、アメリカに留学経験があることや趣味のスポーツや食べ物の好き嫌いについてかなり詳細にプロフィールを書いていて、イメージしやすい男性でした。

バツイチさんは避けたかったので、メールのやり取りはしていたものの、会うかどうかはかなり悩みました。
しかし、とても熱心なメールをたくさんもらったことで気持ちが動き、会うことにしました。
初回の面会は週末のランチでした。
話し上手で会話の楽しい方でした。

2回目の面会も週末のランチでしたが、この時に離婚の理由について話してくれました。
経営している会社やご自分の家族についてもかなり詳細に教えてくれました。
会社経営もされていて、再婚相手を探すには苦労しなさそうな男性に見えるのになぜネットで婚活しているの、私は少し疑問に感じました。

3回目は平日の夜で初めて一緒にお酒を飲みました。
この時に知ったのですが、この方は喫煙者でした。
正確に言うと、禁煙に向けて努力している最中ということでした。
しかし、プロフィールには煙草は吸わないと書かれていたのです。
私は喫煙される方はどうしても避けたかったので、3回目のこの時で、この方と交際することは難しいと判断しました。

このように3名の男性と会ってみたのですが、どなたとも交際したいとは思えなかったことと、ラッキーなことに日常生活で出会いがあったので退会しました。
退会後にエキサイト婚活からメール等で勧誘や再入会のメールなどが届くことはなかったので、あっさり退会できたのは気軽でよかったです。

結果的にはこのサイトから結婚には至らなかったのですが、収穫もありました。
それは、男性を見る目を養うことができたことと、自分が相手に求めるものは何であるかを以前より深く考えられるようになったことです。
ネット婚活を開始すると、普段では知り合えないようなタイプの男性と多く出会えることが分かったのも大きな収穫でした。

>>エキサイト婚活(全額返金保証付き)

エキサイト婚活

関連エントリー

Yahooお見合いとエキサイト婚活の比較
エキサイト婚活で3人の男性と会いました
エキサイト婚活の口コミ評判と悪質サイト危険度チェック
婚活アラサーズ メンバー紹介
婚活 華子
(こんかつ はなこ)

結婚相手を選ぶうえで一番重視するポイントは価値観が合うこと。 趣味のランニングを一緒に楽しめる健康で優しい男性が理想。

玉野 輿恵
(たまの こしえ)

海外旅行をしてブランドものを買いあさることが 大好き。医師、弁護士、IT社長等との結婚を目指している。

安 定美
(やす さだみ)

結婚相手の男性に求めるのはズバリ安定! 公務員との結婚を夢見るアラサー女子。

婚活中のアラサー(20代後半~30代前半)女子グループ、婚活アラサーズが運営しております。

オススメネット婚活サイト
オススメ婚活パーティーBEST3
カテゴリーメニュー
記事総数: 121